プロフィール

三地 義之(さんち よしゆき)

  • コンサルティングオフィス さんち   社会保険労務士
  • 株式会社 コンサルティングオフィス  代表取締役
  • NPO市民生活総合サポートセンター 理事、評価調査員
平成5年 社会保険労務士試験合格。平成6年大手資格試験指導校に入社し、講師、営業等を経て、平成10年に最年少で大阪本部副本部長執行役員に抜擢される。数々の企画や営業手法を取り入れ関西エリアの売り上げを大幅にUPさせ実績を積む。
平成13年 退職し、社会保険労務士事務所に入所し実務を学びながら、大阪市内の労働基準監督署にて相談員を経験。
平成14年 コンサルティングオフィスさんちを立ち上げ独立する。以降、大手ゼネコンより介護事業所のサポートの依頼をうけ、介護事業所の助成金や人事労務、運営サポートなどを行う。また、NPO市民生活総合サポートセンターでは、大阪府等より委託をうけ、介護事業所の第三者評価や情報の公表、外部評価などを通じて、数百社の介護事業所をまわり、現場での様々なノウハウを蓄積し、介護事業のコンサルティングに活かしている。